サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

守・破・離は伸びるための条件

2017-12-14

「守・破・離の遵守」は、伸びる人の条件である。

最近の美容師のコスチュウムを見ると、あまりにも軌道を逸しています。美容サロンの仕事の目的の一つが「おしゃれの提供」にあるとすれば、美容師自身が「おしゃれ」であることは当然です。

 

ところが最近の傾向として多く目にするのが、余分なモノで「飾ってる」という「ノーセンス」な「おしゃれ感覚」です。「究極のおしゃれ」は、「シンプル」にあります。この基本を忘れると滑稽になります。

 

「高い売上」と、「高い報酬」を得ている美容サロンは「商人道」に徹しています。

「商人道」は「型」を重要視しますが、この商人としての「道」を極めていくためには順を追って段階を踏んで行かなければならない到達しないということです。

 

これが「守・破・離」という考え方です。従って「守・破・離」は、「商人道」を極めるための基本的な心得と言えます。

本来、「守破離」は能を確立した世阿弥の教えであって、柔道、剣道、空手、合気道などの武道に限らず、書道や水墨画などの稽古事。また、茶道、華道、歌舞伎といった伝統芸術の世界で広範囲にわたって受け継がれています。

つまり、「守破離」とは、道を極めて行く成長過程を示した概念です。

 

では、それぞれの意味について考察しましょう。

1,「守」は、基本の「型」を見につける段階。

2,「破」は、その「型」を破って応用する段階。

3,「離」は、それらに創意を加え、自店の独自性を追求し確立する段階。

 

これらは「技術の伝承」という分野にも当てはまります。どのような職業にも、必ず基本の「型」があります。「型」というものは代々受け継がれ、磨きを加えて出来上がっているものです。

 

茶道には茶道の、華道には華道ならではの、「踏み外してはならない型」が存在します。囲碁将棋でいえば、定石が「型」に該当します。定石とは、先人たちが道を極めていく上で、最も効果的に勝利するための法則です。

メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/