サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

肯定語を使えば運が高まる。

2017-12-14

サロン経営・肯定語を使えば運が開ける

 

キリスト教では、「始めに言葉ありき」という考えから始まり、神的存在が何らかの言葉を発することで、この世や人類が創生されたとしています。 つまり、「自分の言葉が自分を支配する」ということになります。

人は「褒められる」と嬉しくなります。「認められる」と自信がつきます。これは等しく人間が持つ心理であって、この人間心理を理解して、サロン経営・人材育成に活かしている人達がいます。

つまり、「プラス思考で肯定語を使う経営者のサロンは、経営状況が非常に良い」ということです。

私たちは、良いことが起きると、ますますプラス思考で積極的な行動が身に付きます。このような職場では、『ハイ­』といった明るい返事や、『有難う』とか『嬉しい­』といった言葉が頻繁に行き交います。

 

逆に、マイナス思考で否定語を使う経営者のサロンは、「経営状態」・「人材育成」共に悪いようです。このようなサロンの経営者は上手く行かないから、ますます不平不満­を言うことになります。

そうすると、もっと悪いことが起きるようになります。つまり、「悪い空気が循環する」という経営状況になるわけです。これではサロンの繁栄など望むべくもありません。

メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/