サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

柔道に学ぶ人材育成のヒント。

2017-12-14

「柔道」に学ぶ、「サロン繁栄のヒント」

 

柔道で世界チャンピオンとなり、その後、指導者としても如何なく才能を発揮される

山下泰裕さんですが、山下さんの講演にはビジネスに参考になるものが多くあります。
山下泰裕さんは、柔道の「道とは何か」について、次のように語っています。

「柔道というのは、決して格闘技ではない。相手に勝つための技術を教えるだけでなく、いかに生活において活かせるかが重要になる。

だから指導者は、勝つためのテクニックを教えるだけでなく、自分の生き様を選手に示して、彼らの人間性を高めていく必要がある」と語ります。
柔の道とは、「礼節を磨き、人々から尊敬される人間を目指すことにある」。柔道で成果を上げるためには、「心・技・体」が重要な鍵を握るが、技術だけ教えても、真の意味での王者を育成することは出来ないと語っています。

また、「最強の選手を育てる」のではなく、「最高の選手を育てる」という意識で指導してきたと語っていました。
この思想は、そっくりヘアビジネスに当てはまります。つまり、本物の理美容師に育てるためには、「技術だけを教えていてはダメ」ということになります。

 

柔道には心・技・体が重要であるように、理美容師にとっては次の三つが重要です。

  • 「人間力=人生観・経営観・労働観」。
  • 「技術力=技巧・創意・感性」。
  • 「行動力=目標達成力」。

以上の三つが成果を上げる上で重要な「核」となります。
つまり、「技術だけ」を磨いても、「人間力」が伴わなければ、最高のビジネスパーソンにはなれるはずもありません。

メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/