サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

ある失敗の話。

2017-12-14

ある失敗の話。

 

誰だってお客様に、「100%の満足を提供したい」と思っています。しかし、大切なことは、

「120%の満足提供」を目指すことです
一人でも多くの顧客に来店してもらいたい。それはサロンの本音でしょう。そのほうが儲かると考える

ことは、ある意味真実です。しかし、それは、「その時の儲け」だけに目が向いている考え方です。

 

経営者は長期的に稼ぐことを考えなければなりません。ここが重要なのです。同時に「全ての客に対して」ではなく、「自店に共感してくれるお客様」に対して最高のサービスを提供するという経営思想が、自店の「特徴づくり」・「ブランド構築」に不可欠の要素となります。

 

  • 「自店が勧める商品だから買ってくれる」。
  • 「自店のサービスだから選んでくれる」。

というお顧客を獲得しなくては、ブランディングなど出来ません。

 

ブランディングとは何か?=顧客にとって価値のあるブランドを構築するための活動です。

つまり、自店の特徴や、競合するサロンとの違いを明確に提示することで、見込み客の関心を高め、購買を促進することを目的とすることです。

メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/