サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

儲かる商品を扱う。

2017-12-14

1,儲かる商品を扱うことが経営の本分。

 

「儲かる」とは具体的には何を指すのか。儲けとは、「利益の額」と「販売回数」で決まります。

つまり、「儲かる商品(メニュー)」とは

  • 「粗利率の高い商品」であり、
  • 「粗利率が高まる販売法」であり、
  • 「継続的ニーズのある商品」です。

従って「利益率が高くて、継続性のある商品」が最高の理想商品です。
以下に記述する事柄は、独立する人の多くに見られる現象です。独立者の不勉強から、「利益率の低い、継続性の無い商品」で経営しています。これでは儲かるはずがありません。

 

経営を継続するためには、「儲けること」は必須条件です。粗利率の高い商品を、販売能力を駆使して売るから儲かるのです。粗利率の高い商品を持って「販売戦略」を構築し、「販売戦術」を駆使して売るから儲かるのです。

例えば、弊社の理容部では、他店が6.500円のメッシュパーマ料だった時、当店は18,000円のブランド料金を設定。そこには、「戦略的メニューづくり」があって成功しています

メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/