サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

自分ブランド化の時代。

2017-12-14

これからのヘアビジスが目指す方向性。

自分をブランド化する時代

これからのヘアビジスが目指す方向性は、自分をブランド化する時代になっています。ヘアビジネスは、生涯に渡って第一線で活躍できる仕事です。ですから、自分のブランド化によって、得られる安定的報酬額が決定的に違って来ます。

その具体的な事例として、一人でビルの10階に高料金システムの会員制サロンを開設して、成功している美容師が何十人も存在する時代」です。このようなサロンは強いです。

これからの理美容師は、言われたことを正確にこなすだけでは、優れた美容師とは言えません。専門的な知識や技術の良さは当然のことであって、それ以上に顧客の悩みを欲求に対して、最適な対応が出来る人間性が求められます。

 

端的に言えば、『顧客に信頼されること』がカギになります。自分ブランドの確立は、顧客や地域の人々の信頼を勝ち得るためにも極めて効果的です。

ヘアビジネス上の技術やサービス内容は勿論ですが、それ以上にどのような人かが見られる時代です。したがって、先ずは理美容師自身の、見かけに磨きを掛けることが何よりも重要となります。つまり、自分の印象を良くすることで、その人の技術やサービスの評価も高まるのです。

 

人間は身に纏うモノによって心までが変化する。この人間心理を理解しなければなりません。スタッフのコスチュウムの基本は、清潔・清楚・質素ですが、ユニホームのデザインは上品で、他は一切身に付けません。これがシンプルで最も洗練された美です。

 

美容師は専門的な能力だけではなく、自身の外見も含め、内面的な魅力づくりに努めて、ブランドとして認知されるほど昇華させることが重要です。

そこから好感度や信頼度が高まり、自分ブランドが確立されます。

メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/