サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

創ることと、売ることに対する労力配分について。

2017-12-14

「創る」と「売る」の違い?

 

「ラクダーネ」・「肉取物語」等の開発で有名な発明家・津久田喜代枝さんがテレビで、「売ることは、作ることの10倍大変です。売る時は10倍力を入れて下さい」と言っておられました。

発明家といえば、「創ること」だけに力を入れそうですが、津久田さんは「売ることの

大切さ」に言及しているわけです。 多くの美容師の方は、「技術の練習」には熱心ですが、肝心なところの、「顧客に満足を売ること」には熱心ではない人を多く見受けます。

これは「指導する人」の問題です。もちろん技術は最も重要です。しかし、その技術を指導する人が「礼儀の重要性」を認識できていないとすれば、「客志向」の技術指導など出来るはずがありません。

世の中には「法則」といって、物事を合理的に進めるための便利な道具があります。

例えば、ランチェスターの経営戦略に「7:3の法則」があります。

そこには、「商品30%」:「営業70%」という法則を伝えています。

つまり、「技術30%」:「販売70%」の力を注ぐということになります。

ところが多くのサロンは、この間逆になっているようです。

つまり、「技術70%」:「販売30%」ということになっています。

 

このような「考え違い」をした理美容師が多い原因は、指導者に恵まれていないことにあります。この根本的な教育が出来ていないサロンや組織には、それらの行動が出来ていません。このようなサロンは絶対に繁盛しません。これが法則です。

メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/