サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

人材育成に関すること

効果的な人材育成のための指導者心得

2017-12-14

効果的育成のための、「指導者心得」!  パート(1) 

 ■教える目的は何か。

初めに、新人育成から始まりますが、採用が決定した段階で前もって、服務規程・給与規定・考課基準表と併せて、新人研修資料を本人に郵送します。

この行動こそが、「教育の心」の表現です。本人が前準備ができる環境を整備するのもサロン側の義務です。

 

ヘアビジネスを志す新人は、「技術の訓練や、専門知識の習得」といった学びの時間を要します。その「教える」という風土は、ヘアビジネスの業界にとって当然のこととして定着しています。

しかし、その「教え方」には今一つ工夫しなければと、考えさせられる場面を数多く見てきました。ここで、「効果的な人材育成」について述べます。

本来、人が人を一方的に育てることなどあり得ません。「自分が彼を育てた」といった考え方は不遜です。どんなに自分が上位であっても、一方的に育てるという人間の関係はあり得ないものです。

人と人との関係は、「育て育てられ、教え教えられる」という相関関係に立つものです。先輩の自分が、後輩に教えることを通じて、後輩からも教えられているという相関関係があるからこそ、後輩に対しての「情が湧き」、成果を挙げた時には一緒に祝杯をあげることにもなる訳です。

吉田松陰は「弟子に学ぶ」と言っていますが、この精神姿勢こそが指導する側が肝に銘じることです。こうした相関関係は親と子の関係にもあります。

「負った子に教えられ」という格言があるように、子供だと思っていた相手から、ハッと胸を突かれる言葉を聞くことは、子を持つ親なら一度ならず経験するものです。

そうした経緯を経ながら我が子は成長し、それと共に親も成長して行くのが世のならいです。

ここで一点つけ加えたいことは、人材育成の心構えは「引き上げる」ではなく、「押し上げる」という指導の精神であることです。

 

この二つの言葉は「上げる」、つまり、人の成長を助けるという意味では同じですが、自分が高みに立って「引き上げる」のと、自分が下から「押し上げる」のとでは、その心構えが本質的に違います。

 

「人は一方的に教えられない」という基本姿勢を踏まえて、人材育成に取組むことが大切です。ましてや、「教えてやる」という心構えでは、人材は育ちません。教えるという言葉には、人を管理するというイメージがあります。

 

教えることで自由や個性が抑えつけられて、本来持っている本人の成長を妨げている場合がありますが、これは「教える側の能力の問題」です。そもそも、教えるということの目標は、教わる側が「出来るようになること」にあります。

考課基準は人材育成の核

2017-12-14

 「考課基準表」は人材短期育成の核。

人に始まり、人で終わるのがヘアビジネスです。従って、どうしても情緒的、観念的、時として精神論が優先することが多くなってしまいます。しかし、このような人材育成マネジメントは、今風ではなく効果も上がりません。

昔は、「仕事は与えられるものではなく、見て盗め」といった人材育成が多くありました。つまり、勘や経験に頼った修業の姿です。

勘や経験に頼った今までのマネジメント手法を、ここでは「伝統的マネジメント」と称することにします。高度成長の時期までは、この手法でも効果がありました。

人々は昨日より今日、今日より明日と常に前向きに、より豊かな暮らしを求めて仕事に取り組み、滅私奉公の気風も生きていました。

ところが雇用構造が一変します。成果至上主義は、年功序列の制度を時代遅れと排除し、派遣社員といった雇用制度は、賃金カット、早期退職、リストラを急速に展開しています。

会社は社員たちの人生を保証できなくなりました。若い世代の社員の会社への忠誠心が希薄になってきたのも、10年後、20年後の社内人生が予想できないからで、長く勤めるメリットもあまり感じていないからだと考えます。

また、転職に対する世間の偏見もなくなっているので、何が何でも一つの会社にしがみついて頑張ろうという気がなくなり、ちょっとしたきっかけで退職してしまいます。

ここまで激変した状況下で、昔ながらのマネジメントシステムがうまく機能するわけがありません。「勘や経験に基づいた手法は、いわば職人芸」です。したがって、出来る人と出来ない人がいます。

また、一人前に育つまで時間がかかるために、若い人の感覚と合わない面もあります。これは今の若い人達の性格に問題があるのではなく、同じ立場になれば誰でも彼らのようになるはずです。
昔は理美容業界でも、「5年は辛抱しろ」などと言われたものです。その間は先輩に鍛えてもらい、一人前に育ててもらうという考え方が一般的でした。今の若者たちにそんなことを言って、何人が耳を貸してくれるでしょうか?  伝統的マネジメントの欠点はまだあります。

「効果を確認するための基準が無い」ということです。上司の好き嫌いで評価されるケースが多く客観的な基準がなかったのです。このような手法では「目指す到達点」が見えません。

「先輩の背中を見て覚えろ」と言われて、叱られながら右往左往することになります。このようなことで短期育成が出来るわけがありません。そこで必要なのが「考課基準表」です。考課基準表は人材育成を計画的に進めるために不可欠の道具であり、「進歩状況を測る定規」です。

肯定語を使えば運が高まる。

2017-12-14

サロン経営・肯定語を使えば運が開ける

 

キリスト教では、「始めに言葉ありき」という考えから始まり、神的存在が何らかの言葉を発することで、この世や人類が創生されたとしています。 つまり、「自分の言葉が自分を支配する」ということになります。

人は「褒められる」と嬉しくなります。「認められる」と自信がつきます。これは等しく人間が持つ心理であって、この人間心理を理解して、サロン経営・人材育成に活かしている人達がいます。

つまり、「プラス思考で肯定語を使う経営者のサロンは、経営状況が非常に良い」ということです。

私たちは、良いことが起きると、ますますプラス思考で積極的な行動が身に付きます。このような職場では、『ハイ­』といった明るい返事や、『有難う』とか『嬉しい­』といった言葉が頻繁に行き交います。

 

逆に、マイナス思考で否定語を使う経営者のサロンは、「経営状態」・「人材育成」共に悪いようです。このようなサロンの経営者は上手く行かないから、ますます不平不満­を言うことになります。

そうすると、もっと悪いことが起きるようになります。つまり、「悪い空気が循環する」という経営状況になるわけです。これではサロンの繁栄など望むべくもありません。

守・破・離は伸びるための条件

2017-12-14

「守・破・離の遵守」は、伸びる人の条件である。

最近の美容師のコスチュウムを見ると、あまりにも軌道を逸しています。美容サロンの仕事の目的の一つが「おしゃれの提供」にあるとすれば、美容師自身が「おしゃれ」であることは当然です。

 

ところが最近の傾向として多く目にするのが、余分なモノで「飾ってる」という「ノーセンス」な「おしゃれ感覚」です。「究極のおしゃれ」は、「シンプル」にあります。この基本を忘れると滑稽になります。

 

「高い売上」と、「高い報酬」を得ている美容サロンは「商人道」に徹しています。

「商人道」は「型」を重要視しますが、この商人としての「道」を極めていくためには順を追って段階を踏んで行かなければならない到達しないということです。

 

これが「守・破・離」という考え方です。従って「守・破・離」は、「商人道」を極めるための基本的な心得と言えます。

本来、「守破離」は能を確立した世阿弥の教えであって、柔道、剣道、空手、合気道などの武道に限らず、書道や水墨画などの稽古事。また、茶道、華道、歌舞伎といった伝統芸術の世界で広範囲にわたって受け継がれています。

つまり、「守破離」とは、道を極めて行く成長過程を示した概念です。

 

では、それぞれの意味について考察しましょう。

1,「守」は、基本の「型」を見につける段階。

2,「破」は、その「型」を破って応用する段階。

3,「離」は、それらに創意を加え、自店の独自性を追求し確立する段階。

 

これらは「技術の伝承」という分野にも当てはまります。どのような職業にも、必ず基本の「型」があります。「型」というものは代々受け継がれ、磨きを加えて出来上がっているものです。

 

茶道には茶道の、華道には華道ならではの、「踏み外してはならない型」が存在します。囲碁将棋でいえば、定石が「型」に該当します。定石とは、先人たちが道を極めていく上で、最も効果的に勝利するための法則です。

信頼される美容師の条件。

2017-12-14

信頼される美容師の条件。 

 

信頼される美容師というのは、「質素で清潔感があり、明るい表情の人」です。そのために最も必要なことが、「親切・誠実・笑顔」。これは接客者の三条件と言われ、まさに接客者のゴールデンルールです。

中でも、常に明るい笑顔は「凄い能力」です。何故なら、常に明るい表情ができる根源的要素として、その人の「心構えが明るい証」であるからです。

 

表情をつくることは、とても難しいことです。「笑顔が大切」とは誰だって分かっていますが、研修で、「親しみのある自然な笑顔をつくれ」といっても、簡単に出来る人は少数です。

つまり、接客者の三条件(親切・誠実・笑顔)を備えるためには、接客者としての心構えの確立という、「不可視(目に見えない)の部分を確立させること」これが第一義としてあります。 これを確立せずに行なう笑顔は「付け焼刃」であって、直ぐに化けの皮が剥げてしまいます。

「笑顔が内臓する力の認識」が笑顔づくりの前提条件であり、それに伴って笑顔づくのり訓練を行ないます。心の底からのウエルカムの表情づくりには、このように「接客者としての心構えの確立」が前提条件となります。

 

そして、毎朝の朝礼の場で、「今日も笑顔でお客様に近づいて挨拶する」と決めることから始まります。やがて、それは自分のクセとして行動に根付きます。

 

もう一つ、接客者にとって重要なことがあります。それは「健康への配慮」です。

特に医者と理美容業に従事する人には、極めて厳しいレベルのチェック基準が設けられています。その理由は、お客様(患者)の身体に触れるという仕事上の特性があるからです。

 

従って、不健康な状態では、いいサービスの提供は出来ません。一流と言われる店では、朝礼の場で全従業員がパーフェクトの、「服装チェック・身だしなみのチェック・健康のチェック」を実施します。

 

一流店化は、「チェック基準を充たさないスタッフは顧客接点に立てない。」という基準の厳守から始まります。

 

それによって最初に見えてくる結果は「顧客の増加」です。しかし「顧客の増加」は、一流店に向っての過程であって一流店ではありません。

一流店とは、その職場で働けることに対して全員が誇りを持つっていることです。

理容師・美容師の能力とは何か。

2017-12-14

理容師・美容師の能力とは何か」。

 

端的に言えば高料金でも顧客が納得するスキルを備えた人です。

理容師・美容師が顧客対応する上で最も必要な能力は次の二つです。

①、顧客に対して良い印象を与える諸要素。

②、顧客が求める要望に対し、的確に対応する能力。

 

①は、「心構えで容易に獲得できる能力」です。つまり、ヘアビジネスの本質を理解すれば、直ぐにでも備わる能力で、この能力を分類すれば、「あったらいいな」といった「表層的サービス」に属します。

は、「経験の蓄積によって獲得できる能力」です。つまり、ヘアビジネスの「主要な商品」であって、この能力を分類すれば、『本質的サービス』に属します。

 

以上の二つの能力を高めることで、高料金でも顧客が納得するスキルを備えた人となります。しかし、「顧客の納得のレベル」には次のような段階の違いがあります。

なぜ、笑顔に価値があるのか。

2017-12-14
Newer Entries »
メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/