サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

効果的な集客法

チラシづくりのポイント

2017-12-14

チラシづくりのポイントは何か? 

 

  • 自店で一番と言える、「モノ」・「コト」は何か?
  • それらは、どのような客層に対して喜ばれると思うか?

チラシづくりは、これらについて明確に認識することから始まります。

 

同時に、短い文章で「特徴の表現」が大切です。テレビで次のようなCMがありました。

  • 「0歳からの英会話」。
  • 「一歳からのカッパえびせん」。
  • 「25歳からのダイエット」。
  • 「50歳からの基礎化粧品」といったCMです。

 

実は、これこそが理美容サロンのマーケティング戦略です。つまり、年代・性別・客層・地域・用途を明確にしないと、マーケティング活動の成果は上がりません。

小さな規模の理美容店が、「より多くの人々に訴えるメッセージが効果が上がる」と思ったら失敗します。これではメッセージの焦点がボケます。

売れるセールスコピーの条件。

2017-12-14

 売れるセールスコピーの条件。

 

1 必要性を感じる。

サロンの料金表に「カット・シャンプー・ブロー4000円」とあります。

セールスコピーの目的は、「自店の技術やサービスを購入して頂くこと」にあります。では「カット・シャンプー・ブロー4000円」といった提示だけで、そのサロンに行きたくなるのかということです。

 

基本的には、その技術や商品の特徴。お勧めしたい顧客層。所要時間。使用する粧剤。自宅での手入れの仕方。について明記しなければなりません。

 

信頼・安全・安心の提供。

この商品をお求めになれば、このような「幸せな時間を得られます」ということをお知らせすることです。

しかし、その前提条件として、その商品や技術を提供する人が顧客に信頼される「人間性」であることです。

同時に、「保証カード」の発行は言うまでも無く、サロンのシステムとして確立しなければなりません。

 

3 顧客の欲望を喚起する。

これは端的に言えば、そのセールスページをお客が見て「ワクワクするような思いになること」。ここが大切です

顧客が何かを求める心理は、単に「必要だから」だけでなく、「ワクワクする」といった「感じ・思い」が強く影響します。

今のような「成熟した時代」は、必要性だけでは差別化の訴求力がありません。「ワクワク感」といった顧客の感情に訴える要素が非常に大切なのです。

 

4 明確にすること。

最後の四つ目は「明確である」ということです。セールスコピーというのは、相手に「明確に伝わる」ということが非常に大切な条件となります。その結果が来店・購入するという行動に繋がります。

 

伝えようとすることが複雑であったり理解し難いようでは、顧客の欲求は高まりません。

効果的な集客法。パート2

2017-12-14

効果的な集客活動の要諦。2

2017-12-14

効果的な集客活動の要諦。1

2017-12-14
メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/