サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

経営の基本的なこと

目指すべきサロン経営の方向性

2017-12-14

AIDOMAの法則

2017-12-14

AIDMAから、AISASへ

 

ITの普及は消費行動を、AIDMAから、AISASへと変化させています。自店の繁栄のために、この流れを認識して取組むことは不可欠の条件です。

 

AIDMAの法則

 

A:Attention(アテンション)(注意)

ターゲットの心を引きつける。

I:Interest(インタレスト)(興味・関心)

「面白そうだ」と感じさせる。

D:Desire(デザイア)(欲望。願望。要求)

「これが欲しい」と思わせる。

M:Memory(メモリー)(記憶)

「良さそうだから」覚えておこう。

A:Action(アクション)(行動)

これを買おう(ここで買おう)。

そしてITの普及は、「AISAS」へと変化を促しています。

 

AISASの法則  

A:Attention(アテンション) (注意)

ターゲットの心を引きつける。
I:Interest(インタレスト) (関心)

「面白そうだ」と感じさせる。
S:Search(サーチ)   (検索)

「調べてみよう」と思わせる。
A:Action(アクション) (行動)

これを買おう・ここで買おう。
S:Share (シェア)   (共有)

皆に知らせよう・良さを分け合う。

ある失敗の話。

2017-12-14

ある失敗の話。

 

誰だってお客様に、「100%の満足を提供したい」と思っています。しかし、大切なことは、

「120%の満足提供」を目指すことです
一人でも多くの顧客に来店してもらいたい。それはサロンの本音でしょう。そのほうが儲かると考える

ことは、ある意味真実です。しかし、それは、「その時の儲け」だけに目が向いている考え方です。

 

経営者は長期的に稼ぐことを考えなければなりません。ここが重要なのです。同時に「全ての客に対して」ではなく、「自店に共感してくれるお客様」に対して最高のサービスを提供するという経営思想が、自店の「特徴づくり」・「ブランド構築」に不可欠の要素となります。

 

  • 「自店が勧める商品だから買ってくれる」。
  • 「自店のサービスだから選んでくれる」。

というお顧客を獲得しなくては、ブランディングなど出来ません。

 

ブランディングとは何か?=顧客にとって価値のあるブランドを構築するための活動です。

つまり、自店の特徴や、競合するサロンとの違いを明確に提示することで、見込み客の関心を高め、購買を促進することを目的とすることです。

これからのヘアビジネスの方向性

2017-12-14

ヤル気を起こす経営のコツ 1

2017-12-14

ヤル気を起こす経営のコツ。

 

目次

人を大切にする経営戦略。

1.経営の原点。

2.戦力の把握と戦略設計(1)(2)(3)

3.経営活動の具体化(1)(2)(3)(4)(5)

4.経営展開の前提条件(1)(2)

5.認識すべき四つのコンセプト。

6.従業員の満足が繁盛店づくりの前提(1)(2)

7.どのような価値を提供するか(1)(2)

8.価格は価値に見合っているか。

ヤル気を起こす経営のこつ2

2017-12-14

人との出会いを大切にする価値

2017-12-14

人を大切にするサロンは繁栄する。

 

ここに一つの有名な事例があります。それは戦国時代の武将・武田信玄の話です。

武田信玄は家来を大切にした、戦国時代最強の武将として有名です。

 

信玄は、『人は濠・人は石垣・人は城・情は味方・仇は敵』との格言を残していますが、信玄自身は生涯、城を持っていません。『部下こそが、我が城である』という信玄の人間観の表れです。

つまり、どんなに強固な城を築いても、内部の人心が乱れていたのでは、強固な組織にはならないということです。「城」というのは、大小さまざまな形の石が組み合わされていて、少々の地震でもビクともしません。これは人間関係の根本的な問題を突いています。

 

『縁』とは今日でいう人間関係と言えますが、実は、もっと深い意味を持った言葉であり、仏教哲学の神髄と言えるものです。即ち、『これあるに縁(よ)りて、かれあり、これ生ずるによりて、かれ生ず』という。お釈迦さまの基本的な悟りに基づくものです。

今風に解釈すれば、次のようになります。

これだけは止めよう 14ヶ条

2017-12-14

これだけはやめよう14カ条」。

 

1.小さな事に対してルーズな人は、大きな事にもルーズになる。

2,「いざとなったら、バシッとやる」という人を、誰も期待しない。

3,練習で出来ないことは、試合でも出来るはずがない。

4,他店よりも早く、店の掃除をするのが商人道の教えである。

5,仕事に合った身だしなみは、商売に取組む精神の表現である。

6,時間にルーズな人は、経営しても顧客の信頼は得られない。

7,金銭にルーズな人は、経営しても継続して利益を出せない。

8,公私混同する人は、経営しても公私混同が職場に出てしまう。

9,接客の重要性が分らない人は、経営しても繁栄させられない。

10飽ききっぽい人は、何をしても中途半端で終わる。

11無能な人は、成果が挙がらない理由を、他人のせいにする。

12礼儀にルーズな人が経営したら、それが仕事の粗さとして現れる。

13報酬は成果の分け前である。と認識できない人に経営は無理。

14人の話を聞く姿を見れば、その人の今の心の状況が表れている。

すべてのことは二つの段階で完成する。

2017-12-14

「全てのことは、二段階で完成する」

全てのことは、先ず「頭の中」で創造され、次に「形のあるもの」として創造されます。

つまり、「こういうモノを創ろう」・「こんなデザインに仕上げたい」・「これだけの売上を達成したい」といったことを考える段階のことを「知的創造」と言います。そこには「設計図があり、行動計画があり、デッサン」があります。

その後に、それらの設計図に従って創る段階として、「物的創造」があります。つまり、

●「知的創造が第一の創造」であり、

●「物的創造が第二の創造」となります。

これらはヘアビジネスのあらゆるシーンで言えることです。例えば、「顧客の満足度を高める」ということに絞って考えて見ましょう。「顧客満足の実現」のための第一の創造は何か?

「顧客ニーズの把握」です。それによって、提供すべき技術や商品、またはサービスの内容が決まります。ここにカウンセリングが存在します。

つまり、顧客の要望を聴き出す作業です。これを「知的創造」と呼びます。このカウンセングによって明確になった顧客のニーズに対して応える段階が、「物的創造」です。

「物的創造」の段階では、顧客の要望に対応できる態勢を整備することは当然です。

顧客の要望、欲求、悩みは様々です。

  • 好みのヘアスタイル。
  • ●髪に関する悩み。
  • ●肌に関する悩み、等があります。

これらの「要望、欲求、悩み」に応えるためには、以下のことを整備します。

●関連する資料の整備。

●髪の状態を診るための顕微鏡。

●肌の状態を診るためのマイクロスコープ。

以上のものを整備します。

テストマーケティング 1

2017-12-14

繁盛店づくりのための必須条件

■テスト・マーケティング。

ニューヨークタイムス、ワシントンポストをはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物、「ジェイ・エイブラハム」の格言があります。

「テストを徹底的に行なえば、誰でもマーケティングの天才になれる」。まさしく「的を射た」指摘です。

経営の失敗は避けなければなりません。従ってテストは非常に大切です。

 

例えば、チラシ作成のテストであれば、

  • 「この特典をつけたらどうか?」
  • 「保証を変えてみたらどうか?」
  • 「この文章を変えてみたら?」等々いろんなことが試せます。

仕事の進め方や商品開発のテストであれば、

  • 「この分野に、仕事の重点を置き換えたら・・・」
  • 「このような商品で顧客の満足を得られるか・・・」
  • 「ちょっと方法を変えてみよう・・・」など、

いろんなことを試していくうちに、顧客に喜ばれるやり方が分ってきます。

 

そのために、様々な他業種の取り組みや、成功事例を参考にして、自店の経営展開に取り入れることは、非常に賢い経営戦略です。ここではテスト・マーケティングの徹底を下に、以下のテーマについて推進する必要性を述べて参ります。

 

目次

1.テクニックに翻弄されない戦略・戦術。

2.売上を伸ばすコツとは何か。

3.人間心理の理解が、サロン繁栄の核!

4.貴方のお店の「売りは何か」

5.貴方の美容室の『料理の先』は何か?

6.カウンセリングの徹底。

7.確定データが語る、顧客の心理 !

8.お客は情報を求めている。

9.親密接遇(心くばり)

10.繁盛店づくりのための、「ステップ」。

11.一流店を目指す、値上げ戦略。

12.高価格のメニューを創る。

13.経営理念があってこそ、儲けることが出来る。

14.経営理念の実践が職場運営の柱。

« Older Entries
メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/