サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

経営の基本的なこと

テストマーケティング2

2017-12-14

何故、儲かる経営を目指すのか。

2017-12-14

なぜ、儲かる経営でなければならないのか。

 

儲けなければサロン経営のイノベーション(革新的経営)が図れないからです。経営活動に於いて「資金」は絶対的に必要です。言い換えれば、「資金」がなければ効果的な経営戦略は推進できません。

極端な表現になりますが、「金儲け」を旗印にしてサロン経営に取組む執念を持つことがキモとなります。

世の中のルールが変わっても、人は変わらないので、歴史というのは非常に参考になります。「イノベーション」と言えば織田信長の戦の仕方が参考になります。

 

信長は「永楽通宝」という通貨を旗印にしています。今風に言えば「経営の精神」です。それだけ「お金」が大事だと考えていた最初の武将と言えます。歴史からお金の法則を読み解いてみれば、「儲かる経営」を目指す理由が明確になります。

信長は凄いイノベーターでして当時では考えられないような革新的なことをやっています。桶狭間の戦いでは今川義元の軍2万5千人を、僅か2千人の軍隊で倒しています。

また、信長は兵農分離をやりました。つまり、戦いに行く人たちと、農業の人たちを分けたのです。昔は一緒だったわけで、普段は農業をやっている人たちが、戦が起きると鍬を刀に換えるわけですが、これでは準備に時間を要します。

そこに目を付けた信長は、兵農分離という政策を執って、いざ戦となれば直ぐに行けるようにします。つまり、戦の準備が早いので敵軍は勝てないわけです。そして、基本的には自分の軍勢が多い時しか絶対に戦はしないという考えです。

また、信長を有名にしたのが長篠の戦(武田勝頼軍)で、鉄砲という新たな武器を使っています。

ヘアサロンで新たな「武器」というのは、顧客を「視覚的に納得させる機器類」と言えます。

 

信長は商業を重要視していますが、鉄砲を集めるにしても、軍隊の士気を高めるためにも、そこには必ずお金が必要です。そこで商人の町、堺を手中に収めます。当時は一部の豪商と言われている人たちが全部権利を握っていて、税金も納めなくていいとか、色々な特権を持っていたのです。

それを全部取っ払って平等にしたのです。そういったことを始めたのも信長です。

信長軍の旗印が「永楽通宝」ですが、彼は当時からお金がいかに重要かということを、もう見抜いているわけです。経済を押さえた人間がこれから天下を取ると確信していたわけです。

 

ヘアサロン経営も全く同じです。顧客を「視覚的に納得させる機器類」は勿論のこと、最も「費用対効果」の高いスタッフの「身だしなみ」を、常に高いレベルで維持するためにも資金が必要となります。

「儲かる経営」を目指す目的は、より高い「顧客満足の実現」と、より高い私たち従業者の「幸せの実現」のためです。

革新的経営への着眼点 1

2017-12-14

サロンの独自性を創り出す。革新的経営への着眼 !   

目次

1.挑戦への五大禁句。

2.改善ではなく、革新的な思考を持つ。

3.革新のための着眼・発想法。

4.革新型経営者の方向性八か条。

5.経営者のタイプ。

6.「2・6・2の原則」。

7.機会開発。

8.機会開発型を目指す意識改革。

9.革新のための10の思考法。

10.リーダーの意味。

11.リーダーシップと経営者像。

12.五つの念。

13.両面思考。

14.計数管理。

15.教育の主体は職場にあり。

16.教育の改革は実践率の測定から始まる。

17.教育訓練の目的は四つある。

18.イメージトレーニング。

19.どんな私だったら。

20.次も、「あの人にお願いしたい」。

21.商人道の実践。

22.貴方の綱の長さは?

23.経営の神様の語録。

24.明日は上手になろう。

25.アインシュタイン語録に学ぶ。

27.笑顔の10ヶ条。

28.笑顔は魔力を持っている。

29.美しい挨拶・美しい言葉。

30.人は服装によって心が変わる。

31.笑顔が少ない人は、商売人には不向き

32.客思考経営が革新的経営である。

33.伸びる人の共通点。

革新的経営への着眼点 2

2017-12-14

革新的経営への着眼点 3

2017-12-14

強固なサロン組織にする秘訣。

2017-12-14

強固なサロン組織にする秘訣。

目次

1.優れた経営者は、人との縁を活かす。

2.長所を伸ばす人材育成法。

3、ひとり一人の、「後ろにも心を寄せる」。

4,「後ろ姿で人を導ける経営者になれ」。

5,ヤル気を引き出す人材育成。

経営に対する基本的な心構え。

2017-12-14

経営に対する基本的な心構え。

 

1.「経営の目的」を明確にする。

先ず、「自分は何のために創業したのか」。このことを明確にすることから経営が始まります。

もし、「経営の目的」が明確でないのであれば、これからの厳しい経営環境の中で成果を挙げて

行くことは難しくなります。

私は50年以上、経営に携わる中で様々な経営者との関わりを重ねて来ましたが、そこで気づいたことがあります。それは、「成果を出す経営者と、成果を出せない経営者の決定的な違いがある」ということです。その違いとは、「経営の目的は何か」がハッキリとしているという点です。

つまり、

  • 「何のために起業したのか」。
  • 「どのように成りたいか」。

この二つが明確になっています。そのことを効果的に実現に導くのが、「経営の理念」です。

その理由は、経営とは「自己を表現する場」であるからです。

 

経営の目的(使命)を明確にするということは、経営という長い航海を誤りなく運行するための羅針盤となります。

経営の心得

2017-12-14

1,経営の心得

 

 今、変化の時代です。このような時代には、現状打破の経営姿勢の下に、積極的に進歩改良を心がけて行かなければなりません。

「人生・仕事の結果 = 考え方×熱意×能力」 ・・・・・・・京セラ創始者・稲盛和夫・・・・・・・

 

  • 「能力」とは=学びによって得た「知識」や「技能」であり、「熱意」とは、「情熱」や「継続」といった「努力」を表します。
  • 「考え方」とは=「社会観」・「人生観」、「仕事観」といった生きる姿勢であり、それらの全て包含する「人格」を表すものです。

そして、物事に取り組む際に心得ることは、

1,楽観的に構想し、

2,悲観的に計画し、

3,楽観的に実行すること。

以上の三点に集約します。つまり、

  • 構想の段階では、達成した状況を想像します。そして、
  • 具体的な計画を立てる段階では、あらゆるリスクを想定して厳密にプランを練ります。

石田梅岩の石門心学。

2017-12-14

繁盛店づくりの考課基準づくり。

2017-12-14

繁盛店づくりのための、「考課基準」を設ける。

 

弊社のマネジメント研修では、PDCA(プラン・ドウ・チェック・アクション)サイクルをしっかり回せることが、経営者としての必要条件と位置づけしています。
しかし、経営計画書を作っても上手く、PDCAサイクルを回していない経営体が多くあります。では、PDCAサイクルは時代遅れなのか?
デミング賞受賞に輝く. 東京工業大学大学院社会人コースのイノベーションマネジメント研究科・長田洋教授は、Plan(計画)よりも踏み込んで、「測定の仕組みがあるか?」としているのが特徴です。
長田洋教授のPDCAサイクルとは、

  • 測定の仕組みがあるか?(Plan)
  • 計画的に実施しているか?(Do)
  • 測定結果を適切に評価しているか?(Check)
  • その結果を改善につなげているか?(Act)
  • 改善効果は得られているか?(成果)
  • もし(1)-(5)が適切になされていないとすれば、

その原因は何か?
つまり、計画しっ放しではなく、「測定できるようにするこ

と」 を重視しています。

即ち、それぞれの分野の「考課基準を明確にすること」が重要となります。

弊社が提供する「経営の道具箱」の中にある各資料は、弊社がサロン経営で実践していたものですが、現在では各種の研修で使用しています。参考にしてください。

 

つまり、経営現場で直ぐに活用し、成果を高めて行くために側面から補足する資料です。

  • 「経営の基本」
  • 「繁盛店づくりの極意」
  • 「人材育成」
  • 「リーダーシップ」

以上の各分野の学習に関して、基本的な事柄を整理し、職場の総合力を高める際の「考課基準づくり」の参考資料として活用して頂くものです。

職場によって条件が異なりますが、その条件に適するようにアレンジしてご活用して頂くものです。

« Older Entries Newer Entries »
メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/