サロン経営総合研究所(福岡県春日市)は理美容サロン経営者・独立、起業をめざす方のため、50年の現場経験をもとに経営をコンサルティングします。

繁盛店づくりに関すること

おもてなしの接遇とは。

2017-12-14

カシーダは何故繁栄しているのか。

2017-12-14

レストラン・カシータ(青山)は、なぜ成長したのか。

レストラン・カシータの成功の秘訣について考察してみます。

いくら建物や内装にお金をかけたとしても、必ずしもお客さまの感動にはつながらない。大切なことは「おもてなしの心を形に表すこと」です。

つまり、「スタッフの態度や行いが、お客さまの感動につながるのだ」という、経営者の信念を表現しています。

以下、その考え方と実践の指針を記します。

  •  いつの場合でも、自分や店の都合よりも、お客さまの都合と喜びが優先される。お客さまに「どう思われているか」を考えて、全ての物事に対応せよ。

● お客さまのことを全従業員が名前で呼ぶことは基本中の基本であり、全てのお客様に近づいて挨拶することも基本中の基本です。

サロンのブランド化 1

2017-12-14

これからのヘアビジスが目指す方向性。

 

本来、理容師・美容師を志す人の多くは、将来は独立することを目標として修業しているものです。

したがって、その「雄飛の時」に備えて「何を学ぶか」は極めて大切な課題となります。

これからのヘアビジスが目指す方向性は、「自分ブランド化」です。ヘアビジネスは生涯に渡って第一線で活躍できる仕事です。したがって、自分のブランド化によって得られる長期的な報酬は決定的に違います。同時に「夢のある楽しい経営」が実現します。

最近は廃れつつあるが、かつてはスタッフを雇用しているサロンは、「カイゼン活動」や「QCサークル」によって、スタッフの「創意工夫」や「創造性」を育むように努めていました。

サロンのブランド化 2

2017-12-14

シルクドソレイユが世界一と言われる理由。

2017-12-14

 「満足提供人」。

 

今、日本で開演中の「シルクドソレイユ」は、世界一のステージを演出するサーカス集団です。

つまり、団員が目指しているのは、単にサーカスの技術を高めることではなく、

来場されたお客様が帰途につく時、

「幸せな気分になっているか」この一点にあります。

 

この理念が、「音楽・演出・衣装など、すべての担当者に叩き込まれている。」

超一流と言われるステージは、ここから生まれています。

デズニーに学ぶ経営理念の具現化。1

2017-12-14

ディズニーに学ぶ、経営理念の具現化。

 

「サービス産業」は、別名を「感動産業」といいます。サービス業が成功するかどうかは、提供するお店の空間と共に、従業員が顧客に対して心地よいコミュニケーションを提供できるかどうかにかかっています。

なぜなら、「モノで感じる感動」は色あせるが、そこに素晴らしい出会いがあれば、「いつまでも忘れられない思い出として残るもの」です。

 

旅行をした時の思い出として残っているのは、息をのむ絶景ではなく、何も分からない旅先で親切に声をかけてくれた人の笑顔であり、その人と過ごしたお茶の一時だったりします。

 

東京デイズニーランドが顧客の心を引きつける要素の一つに、パークの中で交わされる従業員(キャスト)と顧客(ゲスト)のコミュニケーションの楽しさがあります。

ディズニーに学ぶ経営理念の具現化。2

2017-12-14

経営の羅針盤1

2017-12-14

経営の羅針盤2

2017-12-14

経営の羅針盤3

2017-12-14
« Older Entries
メルマガ

ツイッター

サロン経営総合研究所
〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106
TEL:092-882-3590

http://salon-keiei.org/