小さなサロンを繁盛させる経営講座

この度、「小さなサロンを繁盛させる経営講座1~5」で皆様にご提供致しますのは、私が実践した「儲かるためのサロン経営」の全てであり、「研修」で使用している資料になります。
この講座シリーズは、以下の「5つの分野」に分けてご案内しております。

サロン経営の基本要諦・・・・サロン繁栄の要諦は、商人道の具現化にある。
繁盛店づくりの要諦・・・高料金でも高い集客率と固定客化を図るシステム。
店長のリーダーシップ・・・部下に慕われる店長が、認識すべき基本的なこと。
人材短期戦力化・・・人材短期戦力化の要諦は、教育環境の整備にある。
独立開店の前準備・・・開店の前に把握すべき、三つの原則と九つのポイント。 


今回は、
第3弾、店長のリーダーシップ・・・部下に慕われる店長が、認識すべき基本的なこと。 をご提供致します。


店長のリーダーシップ発揮の要諦 

この度、皆様にご提供致しますのは、私が実践した経営戦略の全てであり、弊社研修所が実施している『リーダーシップの要諦』(六日間研修コース・受講費12万円)をウェブセミナー形式にて収録したものです。

 

リーダーシップ発揮の要諦。

店長(経営者)が認識すべき基本的なこと。

 

店長の最たる職務は職場の全員が楽しく働けて将来に夢を描ける職場を創ることですが、そのためには先ず、以下の6項目の認識が不可欠となります。

 

 

(1)、ヘアサロンの店長が認識すべき基本的なこと。

(2)、店長に求められるリーダーシップとは。

(3)、リーダーシップのスタイル。
(4)、ヘアサロンの店長に必要なリーダーシップの条件。
(5)、ヘアビシネスにおける優れたリーダーの条件。
(6)、職場を元気にする店長のリーダーシップ六カ条。  

 

  • 店長が認識すべき基本的なこと。

 

  • リーダーシップの意味

リーダーシップとは、「指導力」・「統率力」・「影響力」という意味に使われますが、それぞれの立場で自分が担当する分野で、これらの能力を発揮しなければなりません。

サロン経営者としての最たる職務は、「スタッフの働き甲斐を創り出すこと」が主たる行動となります。

つまり、「サロンの発展は自分の利益」という共通の目標があり、その共通の目標を達成することを目的として、メンバーの力を最大限に結集し効率よく活用することです。

 

  • リーダーシップの定義。

リーダーシップとは、「組織の目標を達成するために、メンバーの力を結集する働きかけと動機づけ」と定義づけます。

 

● リーダーがなすべき職務。

(1)目標の明確化

(2)目標の明示

(3)スタッフへの動機付け

(指示する→傾聴する→承認する→質問する→意見を求める→決定させる→任せる)

(4)リーダー自ら率先垂範

(5)組織を運営

(6)目標の達成

 

  • 店長に求められるリーダーシップとは。

 

  • これまでのやり方に固執せず、

環境の変化に柔軟に対応できること。

環境の変化に適応するためには柔軟な思考が必要です。それぞれの分野のリーダーは、それぞれの分野の環境変化に適応した注意力と、観察力を持たなければなりません。

 

  • オンリーワンとなる「独自性」を磨くこと。

自分は「何ができるか」を常に考えて、自己のオンリーワンとしての、「独自性」を見つけ、そのレベルアップを図ります。

 

  • 複眼思考で問題意識を持ち、環境の変化に対応。

リーダーは集団における舵取り役です。状況の変化に適切に対応することによって、目標の達成を図ります。

 

  • リーダーシップのスタイル

組織目標を達成するリーダーシップスタイルとして、PM理論があります。これは、P(業務達成機能)、M(集団維持機能)のマトリックスで表されます。

■統合型(相談交渉型)。

全員が参加し、リーダーの意見も加味する。

 

■専制型(指示命令型)。

リーダーがすべてを決定するもの。

 

■温情型(相談型)。

メンバーの参加と、リーダーの指導援助。

 

■放任型(委任型)。

全てをメンバーが決定するような組織。

 

 以上の四つがあります。

四つのタイプでも、それぞれに長所、短所があり、リーダー自身がどのタイプかを知り、自店の実態に合ったリーダーシップを発揮しなければ、効果的に人を動かすことは出来ません。

 

  • 店長(経営者)に必要なリーダーシップの条件。

ヘアビジネスの経営者や店長には、売上を高めると共に「人材の育成」という重要な職務があります。そこに求められるのが「コーチング力」です。

   理美容師を志す人達は、当然のことながら、専門的な技術の習得が必要となります。同時に理美容業は接客サービス業というレッキとした「商業」です。その商業の中でも、「顧客の身体に直接触れる」という仕事上の特性があります。

したがって、「おもてなし」といった「商人道の心」が必要となります。ここに指導者としての「コーチング力」が求められます。

 

では「コーチング力」とは何か?

● コーチングとは、スタッフ個人が望んでいる目標があり、その目標を自ら達成することができるように指導すること

● また、スタッフ各人が持っている個人的な特性と強みを活かして、その能力と可能性を最大限に発揮できるように導くこと。

● 同時に、スタッフ各人が自ら考えて行動するように、取るべき手段を引き出すための支援をすること。


 以上のことを効果的に推進して行くために、コーチとしての必須条件であるところの「傾聴」「承認」「質問」のスキルを駆使してスタッフ各人の成長を促します。

このような心構えで部下との信頼関係を築いて行けばコーチングは成功します。部下スタッフがコーチである店長を信頼するのは、コーチのポジションではなくコーチの人間性です。

つまり、コーチングに必要なことは人間性に裏づけされたリーダーシップであると言えます。

 

  • 優れたリーダーの条件。

 

1,自分の仕事・役割に対して情熱を持って取組む。

2,リーダーとしての明確な目標を持つ。

3,常に変革することを考え、課題に対し柔軟に対応する。

4,スピードを持って業務に取り組む。

5,後輩の意欲を伸ばし、次のリーダーを育成する。

6,チームワークを大切にする。

7,厳しい局面でも、積極的に打開する心構えを持つ。

8,サロンが掲げる経営倫理を遵守する。

9,常に、高いレベルの商品力を追求する。

 以上のようになります。

 

 

  • 職場を元気にする、
    店長(経営者)のリーダーシップ六カ条。

 

●職場はコミュニケーションによって活性化する。

   単なる人の集りなら、何らコミュニケーションの活性化を図る必要もありません。しかし、業績を伸ばそうと思えば、コミュニケーションの活性化は不可欠です。

活性化することで相乗効果(掛算効果)が生れ、業績も高まるものです。そのためには、以下のチームワーク活性化の六原則を実践します。

 

 

チームワーク活性化の六原則

 

1, 店長(経営者)は常に明るく元気な笑顔で、

一日一度は全員に声掛けをせよ。

 

2, 店長(経営者)はスタッフ各人の長所に目を向けて、

良いことはズバリと褒めよ。

 

3, 責任は自分が取れ。手柄は部下に譲れ。

これが店長(経営者)の器である。

 

4, 店長(経営者)は感情で部下と接するな。

常に理性を持って対応せよ。

 

5, 店長(経営者)は部下の信頼なしには、

店長の資格なしと心得よ。

 

6, 店長(経営者)とは、部下の能力を活かして、

業績を伸ばすことと心得よ。

 

先ずは、以上の認識がリーダーシップ発揮のベースとなります。

内容の詳細は以下のようになります。

 

 

 *画像はイメージです。

 

 

3、店長のリーダーシップ・・・部下に慕われる店長が、認識すべき基本的なこと。

 

目次

 

第一部・ リーダーシップの最重要課題

 

1.職業教育とは何か

2.管理者に求められる「マインド教育」。

3.店長の心得! 

4.パレートの法則。(80:20の法則)

5.ランチェスター「7・3の法則」 

6.目指す到達点は ? 

7.勉強・訓練への取り組み。

8.月の達成目標

9.問題とは何か? 

10. 問題解決の基本ステップ! 

 

 

第二部・ 店長としての心構え。

 

1.自分磨きは、「らしく振る舞うこと」から。 

2.くり返しの法則 ! 

3.情報を獲得して、すぐ活かせ! 

4.経営に活きる情報はこうして獲得する

5.経営計画体系図 

6.経営理念を明確に確立する! 

7.経営理念を確立させるポイント。 

8.経営理念の浸透が及ぼす効果は大きい。 

9.経営理念が浸透していない場合はどうなるか。

10.増収増益サロンの三大特徴

 

 

第三部・指導力発揮の条件。 

 

1.指導力発揮のコツ !

2.人材を最大限に活かす3つの要素

3.経営の神様の遺訓。(1)

4.経営の神様の遺訓。(2) 

5.経営の神様の遺訓。(3)

6.儲けを出すための要点。

7.以下の方法のくり返しで成功する。

8.管理者の心得「8ヶ条」。 

 

 

第四部・ 『後姿で部下を導く、リーダー心得』 !

 

1.経営理念を明確にする。

2.マズローの法則。

3.店長としての五大職務。

4.店長の定義。

5.経営の五大機能における、店長のウェイト。

6.経営管理のサイクル。

7.店長の日常判断基準。・(人・数字・商品に関すること)

8.戦力を把握して戦略を設計する。

9.経営計画から行動実践への行程。

10.CSMをベースにした営業戦略。

11.躾とモラル。

12.戦力を集中させる戦略。

13.判断基準を明確にする(1)(2)

14.業績は考え方から始まる。

15.能力主義時代の背景と、人的資源活用の挑戦。

16.中・長期経営計画作成の目的。 

 

 

第五部・リーダーシップ発揮の要点。

 

1.見た感じ=第一印象
2.先ず形から入れ。

3.到達点の自覚。

4.知恵を込める。

5.仕事の意味を伝える。

6.仕事への誇り。

7.具体的な指示。

8.解り易く伝える。

9.明るさの価値を伝える。

10.共通の行動をとる。

11.教育の心。

12.努力の価値を教える。

13.四つの演出から創られる。

14.バイ・ザ・マウス

15.親切な対応。

16.「ロマンへの共感」

17.店風。

18.接客人は「満足提供人」。

19,事業成功の秘訣20か条

 

 

第六部・店長に求められる職務能力。 

 

1.企画立案力

2.計画実行力

3.助言指導力

4.表現交渉力

5.社会性

6.包容性

7.責任感

8.自主性

9.知識・技能

10.欲求の五段階

11.店長の基本職責

 

 

第七部・店長に求められる指導心得。

 

1. 人材能力を測る条件。

2. 能力と人事考課の考え方!

3. 成果主義とは何か(1)。

4. 成果主義とは何か(2)。

5. 機会は平等に・評価は公正に。

6. OJT 「6つのステップ」

7. OJTの基本心得「5項目」 

8. OJTの基本心得「個別指導」 

9. OJT・職場活性化のポイント。

10. 職場内教育計画表

11. 利口とバカの損益計算書。

 

 

◆店長が認識すべき基本的なこと。

 

(1)、店長が認識すべき基本的なこと。

(2)、店長に求められるリーダーシップとは。

(3)、リーダーシップのスタイル。

(4)、ヘアサロンの店長に必要な、リーダーシップの条件。

(5)、ヘアビシネスにおける、優れたリーダーの条件。

(6)、職場を元気にする、店長のリーダーシップ六カ条。

 

 

特典!

 

 経営の道具箱。(1)

 

1.能力育成の視点。

2.お客様が満足される方法を学ぶ。 

3.差別化戦略。サロン・アイデンティティーを明確にする! 

4.カガミの法則。

5.クレームは神の声。対応次第でサロンの財産となる! 

6.サービスの品質管理と開発の手順。 

7.SWOT(スウォット)分析。  

8.どちらが一流か!  

9.改善・改革の切口! 

10.感動は、「口コミの波に乗る」! 

11.感動を与える九条件!

12.教育のすすめ方。 

13.顧客満足実現のための「チェックポイント50」。

14.経営計画書づくりの要点。 (経営計画書作成のポイント)

15.経営計画作成のステップ。 

16.実現させる目標設定の留意点。

17. 今月(  )月度の目標。  

18.再来店率を高める、四つの要素! 

19.自店の「位置づけ」を明確にする。  

20.職能考課チェックリスト。

21.進歩状況通知表 (学校・父兄への近況報告書)

22.職務行動・職務態度評価表 。

23.技能・演出・接遇力評価表。 

24.自己を変革する禅の力。 

25.単純接触仮説・・・( 近さと親密感の関係)。 

26.知識は、行動に移して価値が生まれる ! 

27.自己目標計画書作成の仕方。

28.店長に求められる職務。 

29.店長の基本職責。 

30.(  )月の目標。  

31.店長の部下に対するOJT計画一覧!

32.売上連続拡大の仕組み! 

33.メラビアンの法則! (良い印象を与える方法)

34.能力点検表。  

35.職能考課チェックリスト

 

 

特典!

 

経営の道具箱。(2)

技術力の考課基準表

演出力の考課基準表

接遇力の考課基準表

 

 

特典!

 

経営の道具箱。(3)

経営者の心得10ヵ条

経営理念の確立の要諦。

経営診断表

経営の基本理念の書き方。

研修における、「指導者心得」。

 

 

以上のテーマについて解説しています。

ここでは、ご理解を深めて頂くために、以下の方法でお届けします。

 

●動画解説 =動画ですから、サロンの全員で学習できます。約20~45分×8本
●文章解説 =貴店の独自資料として活用できます。
PDFファイル×157ページ 
●音声解説 =携帯に録音すれば、余暇時間に聞くことが出来ます。
約20~45分×8本

●図解解説 =図による解説も多く、研修教材として活用できます。図解含む特典PDFファイル×118ページ

 

*ダウンロードしたPDFファイルに、動画リンク・音声リンクURL、パスワードが記載されています。 

*この動画は家庭用ビデオで撮影されたものです。若干の映像・音声の乱れにつきましては

ご了承下さいますようお願い致します。

*特典は購入後にダウンロードできるファイルより提供いたします。

 

以上ですが、これらをダウンロード版にてお届け致します。

尚、今回は、特別価格 38,000円(税込) にて提供致します。

どうぞご期待下さい。

 

 

 

 

クレジットカード


 

 

*お支払い方法は、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済がご利用になれます。

*本商品は、ダウンロード商品です。代金決済完了後、インフォトップの購入者マイページからPDFファイルをダウンロードして下さい。

 

〒814-0032福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106

サロン経営総研 西村郁夫

E-mail   monstg@a011.broada.jp

*お問合せの際は、メールでお願い致します。

 

特定商取引法に基づく表記