小さなサロンを繁盛させる経営講座

この度、「小さなサロンを繁盛させる経営講座1~5」で皆様にご提供致しますのは、私が実践した「儲かるためのサロン経営」の全てであり、「研修」で使用している資料になります。
この講座シリーズは、以下の「5つの分野」に分けてご案内しております。

サロン経営の基本要諦・・・・サロン繁栄の要諦は、商人道の具現化にある。
繁盛店づくりの要諦・・・高料金でも高い集客率と固定客化を図るシステム。
店長のリーダーシップ・・・部下に慕われる店長が、認識すべき基本的なこと。
人材短期戦力化・・・人材短期戦力化の要諦は、教育環境の整備にある。
独立開店の前準備・・・開店の前に把握すべき、三つの原則と九つのポイント。 


今回は、
第5弾、独立開店の前準備・・・開店の前に把握すべき、三つの原則と九つのポイント。をご提供致します。


独立開業の前に必ず行うこと

 

◆サロン開設に際し、三つの原則九つのポイント」を押さえる

 

この度、皆様にご提供致しますのは、私が実践した経営戦略の全てであり、弊社研修所が実施している『独立開業に際しての心得=三つの原則九つのポイント(六日間研修コース・受講費12万円)をウェブセミナー形式にて収録したものです。

 

尚、この資料の中で「経営の基本要諦」と重複して記載している文章がございます。この部分はサロン経営上、特に認識を強めて頂きたい部分とご理解願います。

 

サロン開設に際して心得。
三つの原則九つのポイント

 

◎理美容業は立地条件が大きく影響します。
 だから立地産業とも言われます。


◎理美容業は典型的なリピートビジネスです、
 次の来店率が悪ければ店じまいです。


◎理美容業は幸せ提供業です。
 「そのお客は何を求めているかの把握が肝要です

 

これらの条件を充たすために以下の要件が求められます。

 

◆原則1・人の足が止まり易い立地のサロン。

◆原則2・親密な接遇ができる、温かみのあるサロン。

◆原則3・顧客の要望を丁寧に聴き出せるサロン。

 

 

◆原則1・ 人の足が止まり易い立地のサロン。

ズバリ、人が集まり易い条件が揃ったサロンです。

人が集まる3つのポイントを記述します。

 

ポイント1・ サロンの立地が良い。

理美容業は立地産業です。ですから場所選びが非常に重要です。場所選びの基準は、自店のコンセプトや業態に合った場所、無理のない資金計画などから条件を満たす物件を見つけることが重要です。

 

自宅といった立地ありきの場合でも、サロンコンセプトが、その立地に適しているかを十分に検討する必要があります。また、駐車場の確保も大切な用件となります。

 

ポイント2・ 自店の「顔」が見える。店内が見える。

自店は、どんなお店かが一目で分かることが重要です。

サロンのコンセプトや業態にあったデザインであること。店内が見えて入りやすい店頭部分であることが大切です。

 

ポイント3・ サロンの積極的な情報発信。

情報発信とは、サロンの経営姿勢や営業活動の発信です。サロンの入口や店内に、「おすすめメニュー」の掲示、地域へのチラシ・ネット広告、テレビや雑誌の取材にも積極的にPRすることが集客につながります。

 

 

◆原則2・ 親密な接遇ができる、
温かみのあるサロン。

人気店には、そのサロンの「独自性」があります。

それらを次の3つの要素で表現していくことが大切です。

 

ポイント4・ サロンのコンセプトが明確。

コンセプトとは、サロンが主張したいことです。ここがしっかり固まっていることが大切です。どんなサロンを開きたいか・何を売りにするサロンか・顧客に何を提供したいかを明確にする。

同時に、そのコンセプトを、サロン空間・提供する技術や商品・サービス・情報発信等に具現化することで顧客に伝わります。

 

ポイント5・ 魅力的なメニューの提供。

顧客にとって魅力的、且つ満足されるメニューづくりが大切です。サロンの独自性を印象づけることが、顧客の心に届くことにつながります。

そして、メニューの内容を明確に「価格・仕事の内容・特徴・所要時間」を明記します。

 

ポイント6・ 居心地の良いサロン空間 。

顧客にとってサロンの空間は、メニューと同等に「お金を払って得られる価値」です。顧客にとっては、サロンに対しての印象を大きく左右する要素となります。

顧客がサロンで過ごす時間が居心地良く感じられることが大切です。そこで最も大切な要素は、「親密な雰囲気の接遇」です。

 

 

◆原則3・ 顧客の要望を、
丁寧に聴き出せるサロン。

繁栄する経営とは、継続して贔屓客を増やして行くシステムを確立していなければなりません。そのためのポイントとして、次のことが挙げられます。

 

ポイント7・ 顧客の納得を得られる「価格」

顧客が納得する価格とは、顧客が対価に見合う価値を感じることです。

サロンが提供する技術や商品やサービスに対する価格を、ただ顧客の納得を得るレベルではなく、他店に負けない競争力を持たなければなりません。

 

ポイント8・ おもてなし」の接遇力。

技術や商品・サロン空間と同じように、接遇の善し悪しは、顧客の印象を左右する最も大きな要素です。

そこで大切なことは、「顧客が求めていることを正確に把握すること」です。

 

ポイント9・ 清潔で衛生的、かつ安全。

ヘアビジネスは、顧客に対して「清潔衛生」、且つ「安全安心な技術や商品、及びサロン空間の提供」を行う義務が法的に定められています。ヘアサロンの開業に際しては、保健所への申請・手続きを行ない許可が必要です。

以上のことに留意して、開業の準備に入り、地域の評判になるサロンを目指すことになります。   

                        

今回提供致します資料内容の詳細は、以下のようになります。

 

 

 *画像はイメージです。

 

 5、独立開店の前準備・・・開店の前に把握すべき、三つの原則と九つのポイント。

 

 

目次

 

サロン開業を成功させる秘訣。

 

1,「三つの原則」と「九つのポイント」。

2,ヘアサロン開業を成功させる秘訣。

3,「稼ぐスタッフ育成法」

4,チラシづくりの要点。

5,売れやすいコピーの作り方。

6,大きくなる相乗効果。

 

サロン繁栄を目指して、「戦略的経営の手段」。

 

茶道に伝わる、「おもてなしの心」。

(1)茶は服の良きように点て。 

(2)炭は湯の沸くように置き。 

(3)花は野にあるように。

(4)夏は涼しく冬暖かに。

(5)刻限は早めに。 

(6)降らずとも傘の用意。 

(7)相客に心せよ。

◆、自店に「おもてなし」を根付かせるには。

 

 

繁盛店づくりの「核」は、

「ファン客を増やすこと」にある

 

第一部 ファン客が増えるサロンの特徴。


1,商売繁盛のメカニズム

2,情報伝達環境変化への対応。

3,ファン客づくりの条件。

4,サロン経営の使命は何か。
5,明確な目標を描く。

6,人間の基本的欲求。

7,「ビジネス発展の本質」

8,「儲けは善なり」。

 

第二部・自店の「売り」は何か?

 

1,ユニーク・セリング・プロポジション。

2,箴言に学ぶサロン繁栄の核。

3,良い習慣づくり。

4,戦略を立てるための具体的な流れ。

5,繁盛店づくり4ステップ

 

第三部・ ファン客づくりは、感動づくりから。

  

1.「個客対応力」を高めるために、先ず、保有する戦力を集中させる。 

2.価値判断基準を明確にする。 

3.マーケティング

.知恵を活かす。 

5.未来の自店像を描く。 

6.経営の行動指針。

7.コンセプトを明確にする。 

8.サービスの質が、経営を左右する。

9.一流店づくりの3条件と7要素 

10.業績向上のための「五大要素」 

 

第四部・ 独自固有の強みを創る。

 

1,自店の強みを創る戦略のヒント

2,独自固有の強みを創るための前提条件。  
3,『人の和』がサロン繁栄の核。

4,独自固有の長所を創る。

5,既存のビジネスにあり方に、少しだけ手を加える

6,高利益サロン経営の二つの形態

・・・『協業経営』・『一人経営』

 

独立開店・サロン繁栄のために心得ること

パート・・・(1)

 

(1)新規開店に備えて調査すること。

(2)どのようなサロンを創りたいか、経営設計図を描く。 

(3)繁盛店づくりの戦略シート。 

(4)おもてなしの手段。  

(5)店長のコミュニケーション力は、サロンを元気にする。   

(6)結果を出す方程式。

(7)繁盛店づくりの第一は、「焦点の絞込み」にある。パート(1)

(7)繁盛店づくりの第一、三つの絞込みの詳細について。パート(2)

(8)感動は、顧客ニーズの把握から生じる。

(9)新規客の来店を促す要素とは何か?

(10)低料金サロンには、絶対にしない。

 

パート・・・(2)

 

(1)価格のアップは、価値を高める心理が働く。

(2)「顧客維持の基本」は、既存の顧客に徹底的に満足させること。

(3)「口コミ」が起こるサロン経営を目指そう。

(4)小さなサロンに吹く「追い風」。

(5)繁盛店づくりに、最も大切なことは?

(6)「あのサロンでなければ」、と言われるようなサロンを創ろう。

(7)「異業種の心くばりに学び、自店のレベルアップを図る」

(8)優れた接客の事例。

(9)「8:2ルール」で、改善・改革の芽を育む。

(10)立つ位置を高めれば、見える景色が変わる。

 

パート・・・(3)

 

(1)差別化戦略で、地域一番店。

(2)商売繁盛のコツは、「7:3の法則」の徹底から。

(3)努力の成果は、ある日を境に急成長します。

(4)成果を出すための道筋を明確にする。

(5)「出口を決めずして、着手してはならない。」

(6)夢・志を大きく持とう。

(7)学びたくなる「理由が明確であれば、自主的に学ぶようになる。

(8)目的を明確にして学ぶ。

(9)ヘアビジネスの「道」を極める。

(10)サロン繁栄のために、SNSの活用。

 

パート・・・(4)

 

1、人に好かれる自分づくり。

2,自己開示が重要です。

3,自分の強みを創る。

4.自分づくりの『習慣化』。

5.自分を演出する 

6.自分には能力がある。

7.繰り返しが強みを作る。

8.スキルより、ヤル気?

9.日誌は成功の核。

10.メディアに紹介される戦略。

 

パート・・・(5)

   

特別提供
マスコミに取り上げられるコツ

 

 

特典!

 

経営の道具箱。(1)

 

1.能力育成の視点・・・(指導の目)

2.お客様が満足される方法を学ぶ。 

3.SI戦略(サロン・アイデンティティー)! 

4.クレームは神の声! 

5.サービスの品質管理と、向上開発の手順! 

6.どちらが一流か!

7.改善・改革の切口! 

8.感動は、「口コミの波に乗る」! 

9.感動を与える九条件! 

10.顧客満足実現のためのチェックポイント50

11.経営計画作成のステップ 

12,経営計画の三要素。

13,行動計画の見直し。

14.実現させる目標設定の留意点。

15.再来店率を高める、四つの要素! 

16.自店の「位置づけ」を明確にする。(1)  

17.自己を変革する、『禅の力』。       

18.単純接触仮説・・・(近さと親密感の関係)。 

19.知識は、行動に移してのみ価値が生まれる ! 

20.自己目標計画書作成の仕方。

21,売上連続拡大の仕組み! 

22,メラビアンの法則! (良い印象を与える方法)

23.能力点検表。

24,職分の追求。

 

 

特典!

 

経営の道具箱。(2)

 

技術力の考課基準表

演出力の考課基準表

接遇力の考課基準表

 

 

特典!

 

経営の道具箱。(3)

 

経営者の心得10ヵ条

経営理念の確立の要諦。

経営診断表

経営の基本理念の書き方。

研修における、「指導者心得」。

 

特典!

 

◆サロンの朝礼365話。

        

1動機づけを促す朝礼の進め方。

2、『見かけ』を磨く

3、習慣化の秘訣。

4、シンプルが一番。

5、賢者は歴史に学ぶ。

6、変化への対応。

7成功者の共通点。

8、停滞は後退を意味する。

9、限りある時間活用。

10、点検は成長の核。

11、人生の充実度は、負荷の大きさで決まる。

12、二つの行動計画を立てる

13、目標を達成に導く条件。

14、人生はマラソン。

15、時には自然に帰れ。

16、視覚化の力。

17、計画的な休息には意味がある。

18、金が貯まる人。

19、仕事が楽しければ人生は楽園。
20、自己成長促進の特効薬。

21、太陽的存在。

22兎と亀の物語。

23、価格は三つ以上を提示。
24、キャッチコピーの作り方。

25上手く行った時も行かなかった時も、分析が重要。
26集合訓練でカウンセリング力を磨く。
27経営の本質を見極める。
28、絶対貫徹の信念強化。
29、「人間の成長はマネから始まる。 

30、「ありがとう」の言葉の数を増やそう

31、マイナス条件を強みに変える。

32、顧客の「気」を読む。

33一番と二番の違いは、天と地の差。
34、商売とは人の欲を満たすこと。

35、「貴方だけに」。

36一点集中が効果的に勝つ条件。

37、活気のあるサロンは成果が上がる。

38「知恵を込めて仕事に取組む」。

39どんな私だったら 

40、一事が万事。

41、経営の心得、「商人道の実践」。

42「目は口ほどにモノを言い。」 

43常にチェックする。

44.効果的な自己啓発法。

45,自店の価値は、どれほどのものか?

46.人生は自分が考えた通りになる。

47.「守・破・離」

48,初期教育の違い。

49.効果的に成果を生む方法。

50.約束を守る相手と付き合う。

51.コスト意識を持つ。

52.与えた価値が収入に直結。

53、自店の経営は儲かるための設計図か。

54.合理性と共に情緒性を加える。

55.アイデアは即実行。 

56.気くばり・心くばりの納期。

57.原価意識を持つ。

58.ブランディング。

59.物事には裏表の両面がある。

60.一芸を貫く者、百芸に通ずる。

61.発想力の強化。

62.主体的に取組む。

63.人の痛みが分るチャンピオンになる。

64.ストーリー・テリング。

65.自分ブランドづくり。

66.経営理念を忠実に守っているサロンは強い。

67.変化・改善の定着。

68,リスクマネージメント。

69,経営者の器。

70.生涯チャレンジャー。

71.口コミの威力。

72.数字が示す繁栄の条件。

73,サロン経営の成功法則。

74,エビス帳の威力

75.一点にエネルギー集中。 

76,経営が目指すもの。

77.経営を発展させる秘訣。

78.時間は貴重な経営資源。

79,人は、躓いただけ強くなる。

80.葉っぱビジネスの成功。

81.継続は力なり。

82,誠実な態度は相手に伝わる。

83.興味を引くキャッチコピー

84,サロンの能力を最大に引き出す法。

85,経営者に求められる能力。

86,競争に勝つ秘訣。

87.単価の高い方法を学ぶには、単価の高い現場に触れるのが早道。

88.あらゆる依頼に対して、「かしこまりました」と応えよう。

89.先憂後楽。

90,説得力のある話し方。

91,精神の強化。

92.組織化のメリット。

93,人脈は金脈なり。

94,自主性。

95,外的要因にしない。

96,ハインリッヒの法則。

97,効果的な集客活動。

98,接客業で成功する第一条件。

99,裕福成就。

100,自店のKFSを明確にしよう。

101,儲からなければ、経営ではない。 

102,明確なイメージは実現する。

103,SWOT(スウォット)分析(1)

104,コンセプトを明確にする。 

105,リピート率は事前期待に比例する! 

106,戦略的(効果的)経営の考え方。

107,人間心理を理解した対応。

108,理美容業のマーケティング。(1)

109,理美容業のマーケティング。(2)

110,「信者客」を増やすコツ

111,マーケティング。

112,「4Pと、「4C

113,演出が価値を高める。

114,どちらが一流か。(1)

115,両面思考。

116,感動は、「口コミの波に乗る」! 

117,不健康では顧客満足は実現できない(1)

118,顧客の満足度を高めるには、顧客の情報を活かす(1)

119,自店の「売りは何か」。

120,小さなお店に求められること。

121,来店動機は何か?

122,「売る」と「創る」の違い?

123,何か、安い理由があるのでは?

124,差別化の基本は、市場の分類にある。

125,変化は革新。

126,自分のことを「開示」する。

127,自己演出力。

128,自分を輝かせる方法

129,練習が大事なのは商売でも同じ。

130,経営トップに求められる役割。

131,「魚釣り」(MBA=経営学修士)

132,カガミの法則。

133,職場に適した、リーダーシップ

134,ビジョン型リーダーシップ

135,コーチ型リーダーシップ

136,関係重視型リーダーシップ

137,民主型リーダーシップ
138,
足元をみれば、未来が予測できる。

139,「お客の声を聞く」

140,ビジネスにも、心・技・体。

141,学びの精神は、礼に始まり礼に終わる。

142,礼の本質とは何か?

143,伸びる人の条件」。

144,吉田松陰の実学。

145,「敬う心」を形に表す。

146,「自我」への対応が、商売繁盛の極意。

147,誰もが抱く自己重要感に応える。

148,繁盛させるコツ (1)

149,繁盛させるコツ (2)

150,繁盛させるコツ (3)

151,繁盛させるコツ (4)

152,繁盛させるコツ (5)

153,繁盛させるコツ (6)

154,繁盛させるコツ (7)

155,繁盛させるコツ (8)

156,一年で繁盛させる方法。

157,売上アップ戦略

158,美容室の現状と問題点。

159,サロンの広告宣伝。(1)

160,サロンの広告宣伝。(2)

161,サロンの広告宣伝。(3)

162,再来店率を高める仕組みづくり。

163,笑顔の力。

164,自分は笑顔があると勘違い。

165,笑顔は明るい職場づくりの核

166,米国の「笑い療法研究会」

167,笑顔、人を魅力的にする。

168,職場の中に・暮らしの中に笑いを。 

169,自店の技術・商品に物語を添えよう。

170,CI強化で自店の競争力を高める。

171,イメージ統合戦略(CI)がもたらす効果。

172,自店の使命は何か?

173,理美容業のマーケティング

174,儲けるためのビジネスモデルの構築。

175,「儲かるためのサロンづくり」、基本条件。

176,「儲かるためのサロンづくり」、経営者心得10ヵ条

177,贔屓客(信者)への対応。

178,信者客を増やす経営を目指す。

179,店長の重要な職務。

180,おもてなしの心を形に表す接遇。

181,知恵を込めて取り組む。

182,すべては強みによって報酬を手にする。

183,主体的に取り組もう。

184,考え方によって、取組方も変わる。

185,サロンのブランド化を目指そう。

186,小さなオンリーワンを目指せ

187,モノを売るな・価値を売れ。

188,サロン繁栄の方程式。

189,サービスの価値は、顧客の認知によって生まれる。

190,美容店繁栄の戦略は、エリア戦略に徹すること。

191,優れた指導者の条件。

192,経営戦略立案は、経営環境の把握から。

193,エッジの効いた経営戦略。

194,「服務規程」と「くり返しの法則」

195,不健康では顧客満足は実現できない(2)

196,職場の基本的なマナー。

197,接遇の基本動作。

198,顧客はサロンのレベルを、スタッフの作法から判断する。

199,顧客情報を活かして、満足度を高める(2)

200,顧客情報の上手な活用法

201,能力のある人は、振る舞いが謙虚です。              

202,なぜ、ダイヤモンドやお金に価値があるのか?

203,「マネジメント能力」+努力+時間成果

204,仕事の意味を考える。 

205,本物と模造品の違いは何か?

206,ヘアビジネス・マーケティング。

207,信頼を売ろう。

208,「買いたい理由」を知る。

209,究極のクロージング術。

210,「おもてなし」への感動は万国共通。

211,人の「記念日」を大切にしよう。

212,「物語」を伝えることで、ファン客が増えます。

213,自分の磨き方。

214,「治にいて乱を忘れず」。

215,人の長所と付き合いましょう。

216,お客の関心は「どんなベネフイットがあるか」です。

217,売りを明確にすると、注目度が断然高まります。

218,サロン繁栄「三種の神器」。

219,ブランドづくりは、価値の創造から。

220,動画の活用は、ブランド化の強力な武器です。

221,儲かるサロンづくりのロードマップ。

222,儲かるサロンづくりの極意

223,成功者の特長、「守・破・離」の遵守

224,カウンセリングは重要です。

225,繁盛店づくに考課基準は不可欠です。

226,人それぞれ、価値観が違います。

227,無いものを求めると失敗します。

228,職分の追求がサロン繁栄の核。

229,「捉われ」・「拘り」を捨てる。

230,「儲けることは善である」、もっと貧欲になりましょう。

231,理想の人とだけ付き合って下さい。

232,サロン経営を成功させるコツ!

233,「マーケットイン」 「プロダクトアウト」

234,「コア」と「サイレントマジョリティー」

235,ブランド化の早道は、適切なニッチを選ぶこと。

236,第一印象は最も大切。

237,USPと強みは異なる。

238,理想の人の仕事観に学ぶ。

239,アイデアは「単なる夢」

240,お客は「価値」を買うのです。

241,儲けることができる美容師が一流の美容師。

242,「きっかけ」があれば、成功しやすい。

243,収入は「自分軸」で決める。

244,チラシづくりは、見込み客の現実に入る。

245,お金は、価値を提供した結果です。

246,一時が万事。

247,常に自分をチェックする。

248,美容師の能力とは何でしょうか?

249,「モノ・コトには時節あり」。

250,満足された顧客は、自店のセールスマンです。

251,将を射んと欲すれば馬を射よ。

252,顧客サービスの第一は対話にある。

253,用心は無事なるうち。

254,銭といふ字は、金に戈(ほこ)を二つ書く。

255, 集客活動の前に整備する「重要なこと」

256,借金を返す者は、信用を倍にする。

257,商いの精神とは。

258,「型」の体得が、学びの原点!  

259,贔屓客の多い美容師は、職分を追及しています。

260,自己啓発は「型」から入ります

261,人を導く特効薬は、「動機づけ」。

262,「安さ」で商売するのは間違い。

263.差別化の基本は、市場の分類から。

264.サロン繁栄は、常なる変化から。

265.「補聴器相談室」と、「補聴器販売店」の違い。

266.お客が本当に求めていることは何か?

267,お客は何を求めているでしょうか?

268,美容師の能力は、以下の三つに分けられる。

269,チャンスを引き寄せるコツは、自分の印象を磨くこと。

270.売上を高めるには、以下の三つを高めること。

271.プロ意識の確立は、職業意識の確立が大前提

272,評価の価値を高める、ネーミングの選び方。

273,「詫び寂びの心」を愛でる、日本人のDNA。

274,繁盛店にするための、システムづくり

275,異業種の「心くばりに学び」、自店のレベルアップを図ろう

276,優れた「接客事例」に学ぶ。

277.成果を高める、サロン経営のコツ。

278,「個別対応の時代」に心がけること。(1)

279,「個別対応の時代」に心がけること。(2)

280.固定客化への「5ステップ」とは。(1)

281.繁盛店づくのりための戦略経営(1)

282.繁盛店づくのりための戦略経営(2)

283.「戦略が間違っていたら、戦術では修正できない。

284.繁盛店づくりの核は、一番商品を持つことから。

285. 顧客親密関係(リレーション・シップ)の構築」

286.美容師の顧客対応条件とは?

287,サロン文化の発信が、差別化の核となる。

288,効果的な経営戦略。(1) 

289,効果的な経営戦略。(2)

290,効果的な経営戦略。(3)

291,「ある農夫の失敗の一日」に学ぶ。

292,自分の動きをチェック。

293,スピード感をもって自分改革。

294,本物だけが生き残る時代

295,マスクをこなす。

296,効果的な人材育成。

297,利益が出ない経営は、経営ではない。

298,播いた種の花しか咲かない。

299,自分(自店)を知る。

300,権限委譲で、部下を育てる。

301,創業精神の確立。

302,問題は、芽の内に摘み取る。

303,ダブルチェック機能。

304,変えようと思っても、変えられない理由。

305,自分の中に金脈が眠っている。

306,コミュニティを大切にすれば、コミュニティに助けられる。
307,勝つ条件は「職分の追及」にある。

308,自分(店)の強みを知ると、方針が明確になる。

309,変化を妨げる、同調性の心理。

310,セールストーク

311,初めてのことで・・・・・・。
312,テコの原理を活用。

313,昨日より今日は、上を目指そう。

314,宝は足元にある。
315,成功の構成要素が分かれば、成功を繰り返すことが出来る。

316,単純接触仮説。

317,なぁ麟太郎

318,繁盛させる方程式。

319,情報は最大限に活かす。

320,競争力を高める秘訣は、パーソナライズ化にある。

321,因果関係。

322,データーベースマーケティング

323,ブランドイメージを強化しましょう。

324,今、やるべき事は何か?

325,キャッチコピーの目的。

326,売上げを伸ばすための策?

327,自分が求めることは何か?

328,商いは顧客満足実現業。

329,経営の「原理原則」を学ぶ。

330,成果に結びつけるためには。

331,繁盛店づくりのコツ・・・?

332,店長はカレンダーを活かそう。
333,
目標達成の極意。

334,言葉には魂が宿る。

335,表層サービスの充実は、顧客満足度を飛躍的に高める。

336,技術屋からの脱皮。

337,コミュニケーションがサロン繁栄の核

338,美容師は技術屋ではなく、販売員です。

339,信者客とは?

340,長期的な成功に性急は禁物。

341,経営は高い所から見よう。

342,継続的な業績向上の極意。

343,「人脈は金脈なり」。

344,自己改革も組織改革も、自主性から実現する。

345,景気の善し悪しは、同じ条件です。
346,1人のクレームの背後には、29人もの不満客がいる。

347,自分の発言と行動に、一貫性を持ちましょう。
348,接客の第一条件は、人に好かれることです。

349,少しの勇気を持とう。少しの挑戦をしよう。
350,手引書に出会わなければ。

351,「成功と失敗の法則」。

352,社長が押さえておくべき30の基礎。

353,経営が目指すものとは何か。

354,目標を明確にイメージする。

355,不安は自分を知らないことが原因。

356,SWOT(スウォット)分析(2)

357,「知恵」を込めて仕事を果たそう

358,繁盛店づくりの戦略シート。 

359,職場を元気にする、店長のリーダーシップ六カ条。

360,顧客の潜在的欲求に応えれば、確実に贔屓客化します。

361,「職分の追及」が、サロンブランド化の「核」 

362,有料ブリッジ型のビジネスを目指す。

363,成果を高める方程式とは。

364,時代の潮流を読もう。
365,成果を出すための、道筋を明確にしよう。

 

以上のテーマについて解説しています。

ここでは理解を深めて頂くために、以下の方法でお届けします。  

 

●動画解説 =動画ですから、サロンの全員で学習できます。約25~50分×12本
●文章解説 =貴店の独自資料として活用できます。
PDFファイル×249ページ 
●音声解説 =携帯に録音すれば、余暇時間に聞くことが出来ます。
約25~50分×12本

●図解解説 =図による解説も多く、研修教材として活用できます。図解含む特典PDFファイル×639ページ

 

*ダウンロードしたPDFファイルに、動画リンク・音声リンクURL、パスワードが記載されています。 

*この動画は家庭用ビデオで撮影されたものです。若干の映像・音声の乱れにつきましては、ご了承下さいますようお願い致します。

*特典は購入後にダウンロードできるファイルより提供いたします。

 

以上ですが、これらをダウンロード版にてお届け致します。

尚、今回は、特別価格 38,000円(税込) にて提供致します。

どうぞご期待下さい。

 

 

 

 

クレジットカード


 

 

*お支払い方法は、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済がご利用になれます。

*本商品は、ダウンロード商品です。代金決済完了後、インフォトップの購入者マイページからPDFファイルをダウンロードして下さい。

 

〒814-0032福岡県福岡市早良区小田部6-1-22-106

サロン経営総研 西村郁夫

E-mail   monstg@a011.broada.jp

*お問合せの際は、メールでお願い致します。

 

特定商取引法に基づく表記